埼玉医科大学総合医療センター 心臓内科

RECRUIT

入局案内

STAFF VOICE

入局スタッフの声

埼玉医科大学総合医療センター
循環器科 講師

I.Y

専門分野
  • 循環器病学
  • 冠動脈インターベンション
認定資格
  • 日本内科学会認定内科医・指導医
  • 日本循環器学会認定専門医
  • 日本心血管インターベンション治療学会認定専門医
  • 日本医師会認定産業医
  • 身体障害者心臓機能障害指定医
  • 植込み型除細動器(ICD)/ペーシングによる心不全治療(CRT)研修

埼玉医科大学総合医療センターは、大学病院としての研究機関・教育機関としてまた総合病院としての診療機関の機能を備えている病院です。診療部門については、高度救命センター・周産期センターも併設しており、当院でしか扱えないような重症・高度な医療から地域に密着した患者さんに寄り添った医療を経験できることが魅力だと感じました。実際に入局してからも、豊富な症例・高度な医療に従事でき、忙しくも充実する日々を過ごせています。入局後、一時期を亀田総合病院に循環器医として勤務した他、20年以上を当院にて勤務しております。
ここまで長くここでやってこられたことを今回この機会に自問してみました。
高度救命センターにて循環器救急に従事し近隣他院にては経験のできない院外心肺停止症例の治療に携わり、時には救命できないことや蘇生後脳症にて意識回復ままならない症例も多々ありますが、カテーテル治療により救命でき、何ら障害も残らず社会復帰される患者さんも幾度も経験しております。医師としての診断・判断・手技の成功がダイレクトに結果として感じられる領域であり、非常にやりがいがある仕事だと思っています。
また、心臓血管外科含めたスタッフとのハートチームとして治療を受ける患者さんの生命予後、生命感、幸福感まで含めた適切な適応・選択を行い循環器医療に従事できる環境であることです。カテーテル治療医の中には患者さんを見ず冠動脈の狭窄に目が行き、適応のない不必要なカテーテル治療を行い、言葉は悪いですが、配管工事に揶揄される医師もいると聞きます。
私は循環器医・心臓カテーテル治療専門医として誇りを持って仕事をできる今の環境を幸せに感じています。
当医局は、現在少人数ですが、明るい雰囲気の中頑張っております。
病院の立地としても歴史を感じられ、繁華街である川越市中心部に車で15分程度です。川越から都心部までもアクセスは良好です。是非 こちらで働いてみませんか。よろしくお願いいたします。

埼玉医科大学総合医療センター
循環器科 助教

A.T

専門分野
  • 循環器病学
  • 冠動脈インターベンション
  • 高血圧
認定資格
  • 日本内科学会認定内科医

私は、初期臨床研修医の頃に循環器内科を数か月ローテーションしましたが、兄弟が外科の医師だったこともあり、当初は外科に目が向いていました。その為、初期研修後は外科に入局をしましたが、数年後、周術期の全身管理を行っているうち、循環呼吸管理の重要性を強く感じました。そしてふと、初期研修医時代に経験をした心筋梗塞や不整脈などの管理を思い出し、改めて興味を持ち始めました。いくつかの病院を検討しましたが、母校である埼玉医大、かつ都内の実家に近い当医局を見学したところ、大変親切で明るい医局の雰囲気に魅力を感じ、卒後7年目にして入局を決めました。

始めは、外科と異なることも多く戸惑うこともありましたが、すぐに慣れ、今は忙しくも充実した日々を送っております。もちろん学ぶことはたくさんありますので、まだまだ修行の身と気持ちを引き締め、日々診療に従事しています。

循環器の特徴としては、命に直結し一刻を争う治療が必要な「急性冠症候群」「大動脈解離」「肺塞栓症」「致死性不整脈」などに対応する救命救急領域の治療や、入院後CCUで行う集中治療医学領域の治療、また、その後の2次予防の基礎となる生活習慣の是正や外来での管理を考える予防医学や病態生理に基づく内科学的な治療などがあり、救急から生活習慣の是正までカバーする範囲がとても広いです。このため学ぶことも非常に多くありますが、一人ひとりの患者さんの生命の危機的状況から、その後の一生に関われる全人的医療の実践の場として、大きなやりがいが感じられるはずです。
救急車で、会話もできないほどの胸痛や呼吸困難で入院となり、治療回復後に笑顔で退院され、何年も外来で元気に通院される患者さんをみると、循環器内科を選んで自分には合っていたな、よかったな、としみじみ思います。

研修医の先生で循環器内科に興味のある方、もしくは進む科がまだ決まっていない方、ぜひ気軽に見学にいらしてください。一緒に仕事ができる仲間が増えれば、私はこれに勝る喜びはありません。

埼玉医科大学総合医療センター
循環器科 助教

Y.R

専門分野
  • 循環器病学
  • 冠動脈インターベンション
認定資格
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本循環器学会認定専門医

私が「循環器科」を選択した理由は、生命に直結するやりがいのある科だからです。
埼玉医科大学総合医療センターの循環器科は、知識が豊富で優秀な指導医の方が多々いらっしゃいますし、十分な経験を積む事ができる場所です。これらが決めてとなり、私は入局を決めました。実際に入局してからは、毎日が忙しく1日1日があっという間に過ぎていき、充実した日々を過ごしております。
当科の医局員は、多いとはいえませんが、各々が協力し合いながら、仕事に取り組む事ができています。私は、常日頃から、患者さんの気持ちと患者さんの家族の気持ちに寄り添って、診療することを心がけております。

循環器科に興味をお持ちの方は是非いらしてください。一緒に仕事をして一人でも多くの先生に循環器科を感じていただきたいです。

埼玉医科大学総合医療センター
循環器科 助教

M.S

専門分野
  • 循環器病学
  • 冠動脈インターベンション
認定資格
  • 日本内科学会認定内科医

私は、卒後7年目で「東京女子医大病院 循環器内科」から「埼玉医科大学総合医療センター 循環器科」に異動しました。
自分が、循環器科を意識したのは、初期臨床研修の頃に循環器をローテーションした際、心臓カテーテル治療に興味を持ったことがきっかけでした。もちろん最初は治療に関して、ほとんどのことが理解できませんでしたが、重症の患者さんがカテーテル治療を受けた後、歩いて帰れる状態まで回復することに感銘を受けました。

私が、当医局に入局を決めたのは、心臓カテーテルを始め循環器を習得する環境が整っていて、医局の雰囲気がとてもよかったからです。想像していた通り、入局してからも先輩医師に丁寧に指導していただき、充実した日々を過ごせています。まれに、当直の間隔が短い場合などは大変だと感じる時もありますが、その分、経験できる症例も増えるので、これから循環器を学びたいと考えられている先生には恵まれた環境だと感じます。

埼玉医科大学総合医療センターがある川越は観光地として有名で、中心地から離れれば自然も多く過ごしやすい土地です。さらに東京へのアクセスもよく、例えば学会に参加する際などもとても便利です。
是非一度、見学にいらしてください。よろしくお願いいたします。

お問い合わせはこちら

PAGE TOP